子ども靴の選び方

子ども靴の三つの時期

ベビーシューズ

子どもが歩き始めたらベビーシューズが必要になります。
しかし、ベビーシューズと言っても様々な種類やメーカーがあるので、一体どれかいいのか迷いますよね。
ベビーシューズは、履く時期によって大きく3つに分けることができます。
一つ目が、よちよち歩く時期です。
これがいわゆるファーストシューズです。
初めて靴を履く赤ちゃんは靴を履くことを嫌がる子もいます。
最初は赤ちゃんが履くルームシューズで練習するとスムーズに履いてくれるでしょう。
外履きのファーストシューズで大切なのは、歩き易さとサイズです。
足のサイズはお店にサイズを測る道具があるので、店員さんに測ってもらいましょう。
この時立たせた状態で測ることが大切です。
また、つま先部分が少し上がった靴の方がまだ歩きなれていない子どもにとって歩きやすいです。
次にトコトコ歩きの時期です。
これをセカンドシューズと呼びます。
セカンドシューズはファーストシューズの選び方とさほど変わりはありませんが、靴裏が厚く、ギザギザの滑り止めがついているものを選びましょう。
最後にキッズシューズです。
走ったり、ジャンプをしたり、足に負担のかかる時期なので、激しい衝撃に耐えられる靴がおすすめです。
この時期から土踏まずが形成されるため、子どもの足の発育に影響が出ないように足に合ったサイズの靴を選びましょう。
また、素材によってもゴム製のものや布でできたものなど様々な種類があり、デザインも異なります。
そのため、選ぶ時には素材やデザインも確認するようにしましょう。

安く手に入れたいときは

親子

赤ちゃんの成長は著しく、生後すぐには50cmや60cmといったサイズを着ていたはずが、一年後には80cmや、中には90cmを着せているなんていう子もいるほどです。
それだけ、洋服やオムツなどのサイズアップが激しい時期なので、ベビー用品を購入する際には、あまり先回って買ってしまったり、大量に買ってしまったりすると失敗しがちなので注意が必要です。
ベビーシューズもそうで、「たっちができたから、そろそろ」と買ってみた靴か、いざ外歩きをさせようと履かせた時にはちょっときつくなってしまうといったこともおきがちです。
また、一歳のお祝いなどでベビーシューズをいただくなどということもよくあるため、できれば、贈る側としては、喜んでもらえるようサイズを確認して買うことをおすすめします。
サイズアウトが激しいこの時期なので、できるだけ安くベビーシューズを手に入れたいという人も多いのではないでしょうか。
まず、安いベビー用品店で購入するというのがその一つの方法です。
チェーン店などで大量生産された靴は、デザインもある程度かわいく作られていて、なにより安価です。
安価なものでは少し心配という方は、ベビーシューズは足首周りをしっかり固定できるような形状が良いとされているため、そういったものを選ばれると良いのではないでしょうか。
次に、リサイクルショップなどを利用するというのも一つの方法です。
サイズアップが激しい時期だからこそ、新品同様、なかには未使用のものも見つけることができたりしますので、うまく利用したいものです。
リサイクル品は、ベビーシューズに関してはあまり使用感の強いものは、赤ちゃんの歩き癖などがついている恐れがあるためあまりおすすめしません。
また、できれば実際に試着をさせてサイズを合わせたものを履かせたいため、ネットなどを利用して購入する際には注意が必要です。

赤ちゃんの健康にも影響

赤ちゃん

赤ちゃんは成長すると共に色々と必要になる物が増えてきます。
自由に歩き回るようになると必要になるのがベビーシューズですが、どんなものを選べば良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。
赤ちゃんは特に成長が著しい時期でもあり、間違ったベビーシューズを選んでしまうと赤ちゃんの健康にも影響してしまうことがあります。
サイズの間違ったベビーシューズを選んでしまうと脚だけではなく膝や腰にまで悪影響を及ぼしてしまうこともあります。
ベビーシューズを選ぶにあたって重要なのは、きちんと足のサイズを計るということです。
赤ちゃんの足のサイズは個人差が大きく、その赤ちゃんに合ったサイズのベビーシューズをきちんと選ぶ必要があります。
また、足の大きさもすぐに変化してしまいます。
どうせすぐに大きくなるからとつい大きなサイズを選びがちですが、そうしてしまうと歩きにくくなってしまって発育に影響が出ることもあるのです。
ベビーシューズは成長の段階に合わせて選ぶことも大切です。
最初に選ぶベビーシューズがファーストシューズと呼ばれ、次はセカンドシューズでその次がキッズシューズと呼ばれています。
これらのベビーシューズはそのサイズの違いだけではなく、靴の作りそのものが全く違うので赤ちゃんの成長段階に合わせて選ぶ必要があります。
まだよちよち歩きの段階ではファーストシューズとなりますが、もう少し歩くようになるとセカンドシューズが必要になります。
もっと活発に走ったりするようになるとキッズシューズが必要になりますので、今の段階を見極めてベビーシューズを選ぶことも大切です。